ぼうさい(防災)×筋トレでfunしよう

ボランテブログ

筋トレ

【家トレおすすめ道具】コロナ外出自粛中に効率よく筋トレする方法

更新日:

家トレ

新型コロナウイルスの拡散を食い止めようと世界が自粛モードのなか
私たちはなにをして過ごすべきかを考えよう

・ストレスを溜めないように普段通りの生活をする?
・オーバーシュートを防ぐために一人一人が行動を考え外出を自粛する
・クラスターが発生する場所へは行かないかつ、対策をする

※オーバーシュートとは、新型コロナウイルスの感染拡大を念頭に置いた「感染者(患者)の爆発的増加」という意味

※クラスターとは、小規模な患者の集団のこと

この中でどれが正解かわかりますか?

正解は、すべて
ストレスを溜めすぎることは体にとって良くない事であり、一人一人が考えた行動をし、クラスターを発生させないことを意識しなければならない

具体的なコロナウイルス予防行動が国から出されています↓↓↓

クラスター防止

出典:首相官邸HPより

これに合わせ、各自治体から外出自粛のお願いが発表されています

「ストレスを溜めすぎることは体にとって良くない事であり、一人一人が考えた行動をし、クラスターを発生させないことを意識しなければならない」
のなかで一人一人が国から出された予防行動をし、クラスターを発生させない行動をすれば、あとはストレスを溜めないようにするだけ

ストレスを溜めない方法とは、いったいどうすれば良いでしょうか?

それは

普段通りの生活を可能な限りすること

首相の発表にもあった通り、長期戦になると予想しておきましょう
そして、どうすれば普段の生活に近い生活を送ることができるか一人一人が考えていきましょう

私は、筋トレを毎日やっているので

筋トレを続ける方法と効率的に行うためのおすすめ器具を紹介します

外出自粛発表の前になるが 、一人の感染者が生み出した2次感染として
スポーツジムが取り上げられました
国の予防行動の「換気の悪い密閉空間」に該当したとされている

それにより、全国のジムで解約する人が増えていて、ジムの一時閉鎖が相次いでいます

私たちはジムで筋トレ出来なくなったらどうすれば良いか・・・

筋トレも自粛?開いているジムに行く?

筋トレを自粛すれば今までの積み重ねが無くなるし、開いているジムに行こうとも外出自粛があるので・・・

という事で、解決策は1つ

家トレ

家でトレーニングをすればクラスターの発生を気にしたり
外出自粛を無視することなく筋トレができる

家トレでは限られたトレーニングしか出来ないのでは?
自重トレーニングしかできないのでは?

などの意見があるが・・

 

実は私、ここ3か月ジムに行かず家トレーニングをしています

3か月以前は
毎日仕事終わりジムに通い1時間~2時間30分みっちり
筋トレしていた私が家ジムで満足できるのは
ある器具を買って使っているから・・・

それは・・・

ダンベルインクラインベンチ

この2つがあれば最強

ダンベルがあれば、ベンチプレスをやるように大胸筋、三角筋、上腕三頭筋を鍛えることができる
つまり胸トレができる
さらに、デッドリフトもできるので広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋も鍛えれる
スクワットのやり方で大腿四頭筋、大殿筋、ハムストリングを鍛えることができる

つまり、ダンベルさえあれば筋トレBIG3と呼ばれるトレーニングができる
ジムのフリースペースでダンベルを使って筋トレしているイメージです

ダンベルは、人によってあつかう重さが違うので
自分が普段使う重さのダンベルを用意しましょう

おすすめのダンベルは重さを増やせるタイプです
どうしても家だとスペースが限れるので、省スペースで低負荷かた高負荷まで扱えるダンベルがコスパが良い

ジムでバーベルを使ってトレーニングをしていた人におすすめなのが
ダンベルとバーのセット
とても扱いやすくバリエーションが増す

女性や筋トレ初心者、低重量を扱う人におすすめなのがPROIRONのダンベル
グリップ力がとても良く、手にフィットする
女性の初心者に方は、1.5 Kgのセット
男性の初心者には、5 Kgのセットが良い

これは、私が通っていたジムで初心者の方へ最初に持たせる重さを参考にしています

そして、もう一つのインクラインベンチについて理由を説明すると

まずここでベンチの必要性について・・・
ベンチがあることでベンチプレス系トレーニングの可動域が広くなりる
さらに、胸の側面や内側、下部を鍛えることが可能になり立体的な胸筋を作ることができる
ワンハンドロウのトレーニングが可能になり広背筋、僧帽筋下部、三角筋、
菱形筋、大円筋など背中トレーニングができる

ダンベルと合わせるころで何倍、何十倍もの種類のトレーニングができるようになる

※インクラインベンチとは、適度な座面の高さや角度を調整することができるベンチのこと

インクラインにすることで、胸の上部を鍛えることが可能
直角くらいまで立てると、肩を効率よく鍛えることが可能
インクラインでうつ伏せになると肩の裏側を鍛えることが可能など

つまり、フラットベンチに比べインクラインベンチはより筋肉の部位を変えて鍛えることができるのでより効率良くトレーニングすることが出来る

インクラインベンチについては
場所を取ってしまうというデメリットがあるので
私がおすすめするインクラインベンチは全て折りたためるタイプを紹介します
折りたためるタイプであっても耐荷重300Kgもあるので、ダンベルを使った家トレには十分すぎるくらい
耐荷重がもっとあるタイプのベンチは
ジムで体重80Kg以上でベンチプレス130Kgくらい上げるような人が使うようなもので、家トレでは全くもってそこまで必要ない

ここで私がおすすめするダンベルとインクラインベンチについてなぜそれを選んだかと言うと
私が通っていたジムは全国大会のコンテストに出場している会員さんもいるジムでした
ジムでも筋トレをしながら家でも器具を持っている人ばかりで、自分も買う時に何を持っているのか聞き込みをしていてこっそり調べていたものを紹介しています

そして・・

家トレが出来るようになったら、外出自粛のムードをチャンスとみて
この際、減量にチャレンジしてみてはどうですか?
食べる量も減らせて、さらに夏までに理想の体を手にすることも出来る!

「フルタイムサラリーマンが仕事を終えて筋トレに励んだ結果、フィジーク大会で入賞する結果を収めた減量方法」の記事を貼っておくので
気になる方は覗いてみてください↓↓↓

まとめ

新型コロナウイルスにより外出自粛のなか、ストレスを溜めないために
普段の生活をすることが大切であること

筋トレなど適度に運動することは強い体をつくります
ウイルスに勝つのは最終的に個人の体、免疫力です

有効そして効率的に筋トレするための器具
・ダンベル
・インクラインベンチ

この2つさえあれば最強

この世界的に自粛するムードに悲観することなく、時間を有効に使って乗り越えていきましょう

固定ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-筋トレ
-,

Copyright© ボランテブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.