ぼうさい(防災)×筋トレでfunしよう

ボランテブログ

防災

令和元年改正!全員避難のレベルは警戒レベル3?警戒レベル4?

投稿日:

令和元年に防災情報の伝え方が変わりました!

簡潔に具体的行動を解説します

この記事では、避難するタイミングの要点だけを簡潔に伝えます

結論!

全員避難は⇓⇓
警戒レベル4
で避難開始!

高齢者、妊娠している方、体の不自由な方は⇓⇓
警戒レベル3
で避難開始!

警戒レベルは1~5段階になっています

警戒レベル5が一番ひどいのでは?と思う方もいると思います

警戒レベル5は、すでに災害が発生している状況です

次に、警戒レベルの段階と具体的行動を見ていきましょう

警戒レベルの段階と、具体的行動

警戒レベル1・・・心構えを高めます
警戒レベル2・・・避難行動の確認をします
警戒レベル3・・・避難に時間を要する人は避難を開始する<高齢者等避難>
警戒レベル4・・・安全な場所へ避難する<全員避難>
警戒レベル5・・・すでに災害が発生している状況(発令されない場合もある)

※警戒レベル5では、すでに災害が発生している状況なので「命を守るための行動をとってください」という呼びかけがありますが、その前に避難することを覚えておきましょう!

自治体からの避難の呼びかけ例(イメージしておきましょう!)

・緊急放送、緊急放送、警戒レベル4、避難開始。
 緊急放送、緊急放送、警戒レベル4、避難開始。
・こちらは、○○市です。○○地区に洪水に関する警戒レベル4、避難勧告を発令しました。
・○○川が氾濫するおそれのある水位に到達しました。
・○○地区の方は、速やかに全員避難を開始してください。
・避難場所への避難が危険な場合は、近くの安全な場所に避難するか、屋内の高いところに避難してください。  など

事前にイメージしておくことで、いざとなった時に慌てなくて済みます

情報の注意点
  • 気象庁(国)が発表するのは、警戒レベル1と警戒レベル2
    住んでいる市や町、村が警戒レベル3、警戒レベル4、警戒レベル5
    要は、全国では各地域の細かな部分まで把握できないので、高齢者避難開始の警戒レベル3以上は市町村に任せられている
  • 避難指示は昔の表現であり、発令されない場合もあるので避難指示を待って避難を開始してはいけない
  • 洪水情報と土砂災害情報は同時にそれぞれ発令される
  • 令和元年の新しい警戒情報では参考までにする、言い方を変えると参考程度にしかならない情報
    気象庁(国)が発表する「洪水情報」「氾濫警戒情報」は、県、市、町、村が発表する警戒レベル3(高齢者等避難)相当にあたる
    気象庁(国)が発表する「土砂災害警戒情報」「氾濫危険情報」は、県、市、町、村が発表する警戒レベル4(全員避難)相当にあたる
    気象庁(国)が発表する「大雨特別警報」「氾濫発生情報」は、県、市、町、村が発表する警戒レベル5相当にあたる

災害時は全国放送のニュースより、住んでいる地域の災害情報を入手しましょう


・地元のテレビ番組
・地元のラジオ
・県庁のホームページ
・市や町の災害情報発信ツールがある場合は、事前に登録しておく
 など

また、「避難所で必要なもの」をリスト化しましたので、合わせて見てみてください↓↓

避難する時の持ち出す「貴重品リスト」をまとめましたので、合わせて見てみてください↓↓

まとめ

住んでいる地域の防災情報を聞いて

【警戒レベル3】【警戒レベル4】で避難を始めてください

家族や地域のみんなで声をかけあって一緒に避難しましょう

避難するときは、安全第一でお願いします!

固定ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-防災
-,

Copyright© ボランテブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.