ぼうさい(防災)×筋トレでfunしよう

ボランテブログ

防災

マスクの必要性と正しい使い方!マスクは売り切れることもある

投稿日:

マスク

目次

  1. マスクの必要性
  2. コロナウイルス日本は安心?
  3. コロナウイルスの対策は?
  4. 手洗いの正しいやり方
  5. うがいの正しいやり方
  6. 防災グッズの備蓄は新型ウイルス予防にもなる
  7. 防災グッズの備蓄が節約になる?
  8. おすすめのマスク
  9. マスクの正しい使い方
  10. まとめ

みなさんマスクは家にどれくらい持っていますか?

厚生労働省HP「新型インフルエンザ対策ガイドライン」によると

新型インフルエンザが流行期に入った場合、食料品や生活必需品などの物流に影響が出ることが予想されます。また、感染しないためには不要・不急の外出を避けることが基本となります。今のうちから少なくとも2週間程度の家庭内備蓄を行っておくと良いでしょう

とあります

2週間の家族分のマスクはありますか?

家族4人と考えると

4人×1枚/日×14日/2週間=56枚/2週間

2週間で56枚必要になります

1.マスクの必要性

マスクが必要なのはインフルエンザの予防だけではありません

マスクの必要性は、さまざまなウイルスを体内に取り込まないことにあります

つまり、毎年冬場に流行期を向かえるインフルエンザに加え、いつ発生するか分からない新型ウイルスにも対応する必要があります

1年中において56枚(4人家族の例)のマスク備蓄が必要になります

2.コロナウイルス日本は安心?

今、新型肺炎ウイルス「コロナウイルス」が大流行しています

日本だから安心・・と思っているあなた!!その考え方は危険です

中国発信ではあるものの時期的に春節にあたります

19年度春節期間における海外旅行人数は、631.1万人にもなり

その旅行先人気No,1は日本という結果になっています

つまり、日本に大勢の中国人観光客がやってくるという事です

春節とは・・中国の旧正月をいいます。中国の法律で定めれた約7日間の大型連休のこと

3.コロナウイルスの対策は?

東京都感染症情報センターが発表しているコロナウイルス対策は手洗いと発表されています

コロナウイルスの対策は、インフルエンザの対策と同じであり

冒頭に記述した厚生労働省HP「新型インフルエンザ対策ガイドライン」になります

4.手洗いの正しいやり方

ここで、手洗いの正しいやり方について再確認しましょう↓↓

また、手洗いときたら○○○ですね

5.うがいの正しいやり方

合わせてうがいの正しいやり方を学びましょう↓↓

6.防災グッズの備蓄は新型ウイルス予防にもなる

いま日本でマスクが品薄状態になっています

マスクを求めて何件もドラックストアを探し回っている人(家族)もいると思います

しかし、探し回っていない=動じていない人(家族)もいます

なんの違いでしょうか・・それは・・・

防災グッズを備蓄している人(家族)備蓄していない人(家族)

の違いです

防災グッズのリストには衛生グッズとしてマスクがあります

常に家に備蓄があったら、今日本からマスクが無くなった状況でも動じません

つまり、防災グッズは地震や津波などの災害の時だけではなく、いつもと違う状況や日常の時でもあなたやあなたの家族を守ってくれます

まずは、コロナウイルスの鎮静化が先ですが

落ち着いたら防災グッズとして備蓄を考えてください

ちなみに防災目線でマスクの利用を記述しておくと↓↓

洪水で水が引いたあとは風や車が通ったら砂ぼこりが舞います。そのほこりは様々なものが流れたあとのほこりなので吸わないようにしなければなりません

また、避難所では、多くの人がいるなかで生活しますので風邪を人に感染させないよう、しないようにしましょう

7.防災グッズの備蓄が節約になる?

需要と供給の話をします

物の値段はどのように決まっているか知っていますか?

結論からいうと、世の中の需要が物の値段を決めています

マスクが品薄になっていると言いましたが、ネットではまだ販売されています・・

が、値段が3倍~4倍になっています

つまり、需要が上がったことにより値段が上がったということになります

これは、普通のことなので文句を言ってもしょうがありません・・・本音は上がらないで欲しいですが・・

なので、事前の防災グッズ備蓄は、いざとなった状況下では物の値段が上がるので普段から備蓄すれば節約になるともいえると思います

8.おすすめのマスク

マスクの必要性から備蓄の必要性まで述べてきました

では、いったいどんなマスクが良いの?という問いに答えていこうと思います

まず、第一には自分の顔にあった大きさを選ぶことが重要です

そして以下のマスクが防災時にも使えるマスクになります

  • 長時間つけても耳が痛くならない
  • ウイルス、かぜ、ハウスダスト、PM2.5対応
  • 個別包装により衛生面
  • お徳用で毎日気にせず交換できる

上記のおすすめ条件を満たしたマスクを下記に紹介しておきます

9.マスクの正しい使い方

おすすめのマスクを紹介しましたが、良いマスクでも使い方が間違っていると効果が半減以下になります

街中で間違った使い方をしている人をよく見かけるので再確認してください↓↓

10.まとめ

・マスクを防災グッズとして備蓄しておけば、新型ウイルスが発生した場合でも慌てることなく対応でき予防することが可能

・いざとなった時にマスクなどを買おうとしたら需要が高くなり過ぎて値段が高騰してしまうこと

・手洗いの正しいやり方について

・うがいの正しいやり方について

・マスクの正しい使い方について

固定ページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-防災
-

Copyright© ボランテブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.